プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6 ホンダ

タミヤ 1/12 「マクラーレンMP4/6 ホンダ」製作記・2

ポインタがに変わる写真は、クリックすると拡大します。


タイヤを取り付けて、大体の形が出来てきました。
ここからは、マクラーレンMP4/6ボディのマスキングに入ります。

カウルに白と赤の塗りわけラインに、多少凸モールドが施してあったので、ペーパーがけの際もところどころ若干残しておきました。

さらに、念のために一部型紙も作っておきました。
分かりにくい部分はこの型紙を当てて塗りわけラインを確認、マスキングしていきます。

まずはホワイト部分から塗装してきますが、ホワイト部分はタミヤのホワイトサーフェイサーを吹き付けて終了です。

というのも、上からホワイトを塗装しても、全然色の違いが無いんですよ。。
ホワイトサフはつや消しですけど、どの道蛍光レッドもつや消しだし、クリアー塗って研ぎだしたら違いはありませんからね。



ホワイト部分を塗装したら、タミヤのマスキングテープを幅1ミリぐらいに切って、蛍光レッドとの塗りわけラインを決めていきます。

一見まっすぐそうに見えて、カーブしている部分はけっこう湾曲しているので、マスキングテープが太いとうまく貼れないので、細切りにしてます。

写真右はマスキングし終わった状態。
マスキングテープを貼ってない部分は、紙で覆ってます。



カウルに蛍光レッドを塗装しました。

大体キレイにマスキング出来てたみたいです。
ほぼキレイに塗り分けできてましたけど、右後ろの一箇所、蛍光レッドが滲んでました。



ここはマスキングして、タミヤのホワイトサフを吹き付けて修正しておきました。

この後デカールを貼っていきますが、ホワイトサフ、蛍光レッド共につや消し状態なので、デカールを貼りやすいように全体的に軽くクリアーを吹き付けてます。



そして、マクラーレンMP4/6のカウルにデカールを貼り終わりました。
デカールを貼ると、雰囲気出てきますね。

ただ、右側の"E"と"BOOS"マークの間隔が近づきすぎてしまいました。BOSSマークが本来はもうちょっと上になるんですよ。
BOOSを先に貼ったのが失敗でした。

デカールの予備は、メーカーにも無いのでこのまま進めます。
毎回の事ながら、こういうどうでも良いような失敗が出てきてしまいますね・・。

この後、ソフト99クリアーを砂吹き状態で厚塗りし、研ぎ出ししてカウルを完成させます。



フロントカウルやウイング類も塗装し、デカールまで貼り終わりました。

これらの部品も、塗装は全てホワイトサーフェイサーの上からクリアーを塗装、研ぎ出して完成させてます。

リアウイングの「Marlboro」デカールを一部研ぎ出しで削ってしまったので、ここはタッチアップしておきます。



ブラックを細筆で塗装し、ペパーをかけて上からクリアーを塗って仕上げれば、目立つことなく修正できます。

ここは上手く修正出来たのですが・・



もう一点、リアウイング側面のデカールには、下地の蛍光レッドがしみ出してきてました・・ToT

蛍光レッドの上からは、けっこう丁寧にクリアーを砂吹きして、2000番のペーパーでならしてからデカールを貼ってます。

それでも、完全にしみ出してきてしまいました・・。
蛍光色の上にデカールを貼る場合、慎重の上にも慎重にクリアーを塗装した方が良さそうです。

タミヤのカスタマーサービスにもデカールはないので、ここはがんばってマスキングして、ホワイトサフを塗装して修正します。



ホワイトサフを塗ったら、ほぼ分からない程度に修正できました。

ただ、下側の「SHOWA」の文字部分は小さすぎるので、諦めてそのままにしてます。



風防の接着は、セメダインのスーパーX・ブラック色で行いました。

エポキシ系やGクリアーでの接着も考えましたけど、試しにこれを使って見ました。

少量を爪楊枝などにつけて、風防下部につけていきます。



そして、カウルに接着。

はみ出したスーパーXは綿棒などで拭き取り、乾くまでテープで固定しておきます。だいたいキレイに取り付けられたと思います。



バックミラーはエポキシ系接着材で取り付け。



それと、E29・E32を接着して作った部品ですが、前方のくぼみの部分が引っかかって取り付けられなかったので、リューターで削ってペーパーで慣らしておきました。

写真右は、削った後取り付けた状態。この部品は接着せずにはめ込むだけにしてます。



リアウイングの接着は、水平・垂直が正確に出るように気を付けて接着します。

通常のドロッとしたタイプの接着材を少量つけて接着し、乾いたら流し込み接着材で補強しておきました。

通常飾る分には問題無いかなと思いますけど、強度的にちょっと弱い感じがするので、あまり触らないよう気を付けておいた方が良さそうです。

フロントウイングも、水平・垂直に気を付けて接着。



そして、最後の最後、カウルをシャシーにネジ止めしようとしたところ、左側面2本のネジ位置が金具とずれていて、止まりません ToT

ちょうど2本とも、ネジ1本分ほどずれてしまってます。
仮組みして確認しておくべきでした。。

しょうが無いので、金具のネジ穴をリューターで削ってつけられるようにしましたけど、後ろ側のネジは締まらず、ただはめ込むだけの状態になってしまいました。

それでも特に問題は無いので、とりあえずこれで完成にします!



初の1/12ビッグスケールは色々修正点などありましたけど、出来上がってしまうと良いですね。

今度は新しいキットでまた作ってみたいです。

こちらのページに「マクラーレンMP4/6ホンダ」の完成品写真をUPしてます!


今回製作したキットはこちら。現在、スポット生産で入手出来るみたいです。
タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6 ホンダ 【Amazon】

タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6 【楽天価格比較ページ】


【 タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6ホンダの製作】
1.エンジン、シャシーの組立・カウルの修正
2.カウルのマスキング、塗装〜完成 (このページです。)



今月号の模型誌