プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール

TOP > 完成品ギャラリー > カーモデル > ピータービルト 377

イタレリ 1/24 クラッシック ピータービルト 377











●制作記

今回制作したのは、イタレリ(ITALERI)の1/24「クラッシック ピータービルト 377」。

大陸横断用のトレーラーで、1/24スケールですけど幅13cm、高さ17cm、長さは34cmと、かなりのビッグサイズ。

イタレリのキットを作るのはこれが初めて。というか海外メーカーのキットを作るのもこれが初めてだったりします。





こちらがキットの中身。シャシー関連のパーツ精度が甘く、バリとかパーティングラインの修正が必要でした。キャビン類は悪くない感じです。メッキパーツには一部ホコリが入ってます・・。



このイタレリのキットは、キャビンがバラバラになってるのが特徴みたいです。歪まないよう、接着していきます

ボンネットは完成後も開閉してエンジンを見られるようになってたんですけど、ボンネットとキャビンのパーツの合いがよくなく、隙間ができるのでキャビンと接着してしまいました。エンジンもキットのままだとおもちゃっぽい感じだし、エンジン見れなくても問題ない感じだったしね。

キャビン内は光が透けないよう、内側にシルバーを塗ってから、内装色を塗装してます。



メッキパーツはメッキを落とさず、メタルプライマー塗布後に「スモーク+クリアー」をエアブラシで吹いて、輝度を落として使用。ゲート跡やパーツの合わせ目部分には、ハセガワのミラーフィニッシュを貼って処理してます。

インパネはモールドが施してありましたけど、カッターで全部落としてデカールを貼って仕上げてます。



キャビン左側の中央部分はデカールそのままだとサイズが合わないので、一度パーツに合わせてカット。その後それぞれを貼ってます。

このキットのデカールは、非常に硬かったです・・・。多数のモールドになじませるため、Mr.マークソフターとドライヤーで時間をかけて軟化させて貼っていきました。ただ、丈夫で破れにくいので全体的には貼りやすいデカールでした。

ボディは、東邦化研のエンジンウレタンを吹きっぱなしで仕上げてます。リベット類が多数あるので研ぎ出しは難しい感じだし、車の雰囲気から吹きっぱなしの方が良さそうでしたので。



フロントウィンドウは外周部分にエポキシ接着剤を少量付けて接着しました。ただ、このやり方だと接着剤がはみ出すリスクも結構あるので、あらかじめパーツをテープで留めて、隙間に流し込む方が良かったかもしれないです。

最後はシャシーとボディを組み合わせるんですけど、そのまま組むとサイド下部のカウル(?)部分との隙間が広すぎたり、均一でなかったりしたので、シャシーの一部を削ったり、プラ板を追加したりして位置決めしてます。



今月号の模型誌&関連書籍