プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 組立・工作ポイント > クリアーパーツ・透明部品のキズの消し方

プラモデルのクリアーパーツ・透明部品のキズを消す

スポンサード リンク
透明パーツ・部品の傷取り方法
カーモデルのウインドウや、ヘッドライトなどの透明部品のキズ、パーティングラインなどは消す事が出来ます。

特に飛行機モデルのキャノピー部品などは、そのままだと完成後にけっこう目立つので、消しておいた方が良いかもしれません。

小さなちょっとしたキズなんかは、そのままコンパウンドで磨くと消えてくれますが、それだけでは消えてくれないキズは、一度ペーパーがけする必要があります。

透明パーツ・部品の傷取り方法まず、キズのある部分やパーティングラインなどを1000〜1200番ぐらいのペーパーで削り落とします。

部品はよけいキズだらけになってしまいますが、後で落ちるので大丈夫です。

透明パーツ・部品の傷取り方法ある程度パーティングラインや最初のキズが消えてきたら、1500番で磨き、最終的には2000番以上の目の細かいペーパーで再度磨いていきましょう。

2000番以上の目の細かいペーパーで仕上げておかないと、最終的になかなかペーパーのキズが消えませんので、ここはしっかとり磨いておいたほうがいいです。

2000番以上の目の細かいペーパーがあれば、それを使って磨いておいてもいいと思いますが、個人的にはタミヤの2000番のペーパーで仕上げてます。

できるだけ目の細かいペーパーで仕上げておくと、後がラクです。
写真は最終的な仕上げのペーパーがけが終わった状態です。
透明パーツ・部品の傷取り方法ペーパーがけが終わったら、ペーパーのキズをコンパウンドで磨いて消していきます。

コンパウンドは最初は目の粗いものから磨いていくと効率がいいです。

最初からあまり目の細いので磨いていくとなかなかキズが取れないですので。

私の場合は、タミヤの青いキャップのコンパウンドで磨いた後、仕上げ目のコンパウンドで磨いてます。

透明パーツ・部品の傷取り方法2000番以上の目の細かいペーパーでしっかりと磨いてあれば、キズは消えてくれると思います。

大体のキズが消えたら、仕上げ用の目の細かいコンパウンドで磨いておくとカンペキです!

仕上げ用のコンパウンドを使う時は、磨く布も専用の物を使った方がいいかもしれないです。

私は、特に専用の布は使ったりせず、”肌着”をカットしたボロ布を使ってます。

コンパウンドで磨いてみて、キズが消えないような所は、もう一度ペーパーを掛けなおした方が早いと思います。

ムキになって磨きまくっても、多分、消えてくれないと思いますので。(^^;
透明パーツ・部品の傷取り方法磨き終わりです。
キレイにキズ、パーティングラインが消えました。

どうしても最終的に細かい磨きキズが残ってしまうようであれば、最後に模型用のワックスを塗るとかなり目立たなくなると思います。



今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう