プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 組立・工作ポイント > メタルテープで金属感を表現

メタルテープで金属感を表現する

スポンサード リンク
プラモデル・模型
プラスチックに金属感を表現する場合、塗装よりもメタルシールなどを貼った方がよりリアルに仕上がる場合もあります。

今回は棒状の部品に100円ショップで購入したメタルテープを巻きつけて、金属感を表現してみました。

塗装とはまた違った質感が得られると思います。

プラモデル・模型プラモデル・模型
使うのはメタリック色で着色されているメタリックテープです。

100円ショップで入手した物ですが、写真のゴールド以外にも赤や青など6色ほど入っていて、全部で100円でした。

今回はゴールドのテープを使います。
ケースによって、実車に一番近い色を選ぶと良いと思います。

テープは貼る部分の幅、直径分ぐらいの長さに合わせて、あらかじめ切っておきます。
直径をノギスで測って3.14を掛けた長さが、大体の直径の長さになります。

テープが2重に重なってくると結構剥がれやすくなったりするので、重なる部分画でてこ無いようにしておいたほうがいいと思います。

テープを切るときは、両面テープを剥がしたあとの台紙みたいな、ツルツルした紙の上に貼って切ると、粘着力が弱まらず便利です。

プラモデル・模型プラモデル・模型
テープをそのまま貼っただけだと、後々端の方からはがれて来るかもしれないので、「Gクリアー」を塗って補強しておきました。

Gクリアーをテープの端が来る裏側辺りを中心に塗っていきます。
つまようじ等に接着剤を少しつけて塗っていきます。

Gクリアーは糸を引いて塗りにくい場合は、ラッカーシンナーなどでちょっと薄めても良いかもしれません。

プラモデル・模型「Gクリアー」を塗った上から、テープを貼っていきます。

テープのつなぎ目は、見えにくい裏側に来るように
しておきましょう。

テープを貼ったら、その上からしっかりと圧着しておきます。
こうしておくと、まずはがれてくる事はないと思います。

写真は田宮のデカールピンセットを使って圧着してます。

プラモデル・模型これで完成です!

塗装で仕上げるよりも、ずいぶん本物っぽく、リアルな感じで仕上がると思います。

結構いろんなところで応用できるかもしれませんので、機会があったら試してみてくださいませ!




今月号の模型誌&関連書籍


プラモデルSTEP UPテクニックガイド

ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう