プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > 金属感を塗装で再現

プラモデル・模型に塗装で金属感を再現

スポンサード リンク
プラモデル・金属感の表現
写真はサフを吹き終わった状態です。

この状態から金属感が出るよう塗装してみましょう!

プラモデル・金属感の表現プラモデル・金属感の表現
最初にシルバーで塗装していきますが、クレオスから発売されているメッキシルバーを使ってみました。これはメッキの輝きが手軽に再現できる塗料です。

通常のシルバー塗料を使うよりも、このメッキシルバーの方が金属感が出てくれます。右はメッキシルバーを吹き終わった状態です。
プラモデル・金属感の表現次に、スモーク(クリアーブラック)で全体を塗装していきましょう。このスモークの吹き付け加減で、全体の色味を決めていきます。スモークを多く吹き付ければ重厚感が増してくると思います。

写真はちょっと薄い感じがしたので、実際はもう少し吹き足してます。
プラモデル・金属感の表現スモークを吹きつけたら、次は部分的にクリアーブルーやクリアーオレンジなど吹き付けていきましょう。

銃口などは焼けた感じを再現しておくとけっこうリアルな感じになるかも知れないです。
バイクのマフラー焼けみたいな感じで。

プラモデル・金属感の表現プラモデル・金属感の表現
そして次は全体をウォッシング
これはエナメル塗料のレッドブラウンとフラットブラックを混ぜたものを使いました。

私は溶剤でうすめて全体に塗布した後、すぐにティッシュで拭き取ってます。
時間を置いて塗料が乾いた後に拭き取ると、より色味が残るので塗布後の乾燥時間によって表現。
プラモデル・金属感の表現プラモデル・金属感の表現
最後の仕上げに、クロームシルバーでドライブラシをしておきました。

タミヤのペイントマーカー・X−11クロームシルバーがけっこうイイ感じで光るので、これを使ってみました。ペン先から塗料を筆につけると、適量を簡単に筆につけれます。

ティッシュ等で筆についた塗料をカサカサになるまでふき取って、ドライブラシしていきましょう。
プラモデル・金属感の表現これで完成です!


他にも色々とやり方はあると思いますので、色々と試してみてください!


プラモデル・金属感の表現実際の装着後はこんな感じ。









今月号の模型誌&関連書籍


カンペキ塗装ガイド ぷはプラモのプ (Dセレクション)